事故

【尼崎】ベルトコンベアー事故が起きた工場はどこ?1件該当の可能性?

2023年11月20日の午前8時頃、尼崎市内の工場で男性がベルトコンベアーに挟まれ意識不明の重体となっています。

今回は、この工場はどこか調査しました。

事故内容

2023年11月20日午前8時ごろ、尼崎市西高洲町にある工場内で、作業員の男性が工場のベルトコンベヤに男性が挟まれているのを見つけ、119番通報しました。

警察によりますと、従業員の男性が、機械の不具合を直そうとベルトコンベヤに近づいたところ、右手が挟まれて上半身が巻き込まれたため、、気づいた別の従業員が緊急停止ボタンを押したということです。

工場の名前は?

工場の名前は公表されていませんが、実際にある工場を見ていきましょう。

工場の場所は?

尼崎市西高洲町とあります。

尼崎市には20以上の工場があります。

尼崎市工場

さらに西高洲町を見てみると

5つの工場がありますね。

この5つの中で、ベルとコンベアーを使用している工場はどこなのでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。

ジャパンフレッシュ

コンビニで販売されている調理パン・弁当・おにぎり・寿司などの商品開発、安全・安心・高品質な商品を製造しています。

製造過程でベルトコンベアを使用しているようですが、人が挟まるほどの大きさではないようですので、こちらの会社ではないようです。

岡山県貨物運送株式会社大阪主管支店

岡山県貨物運送株式会社の会社紹介を見る限りではベルトコンベアーは見られませんでした。(HP上)

人が挟まるほどの大きさのベルトコンベアーは確認できませんでしたので、こちらの会社ではないようです。

フェイステック株式会社

フェイステック株式会社の事業内容をみると

フェイステック

デザインから印刷、加工、納品まで、HP上、ベルトコンベアーを使用している場面はありませんでしたので、こちらの会社ではないようです。

UDトラックス尼崎カスタマーセンター

UDトラックス尼崎カスタマーセンターは主にトラックの開発、生産、販売を行っています。

HP上、ベルトコンベアーを使用している場面はありませんでしたのでこちらの会社ではないようです。

株式会社阪神アスコン

株式会社阪神アスコンは、アスファルト舗装材料の製造・販売、産業廃棄物の処理、再生および再生製品の販売を行っている会社です。

アスコン

ベルトコンベアーは確認できませんでしたが、大規模な工場ですね。

まとめ

男性がベルトコンベアーに挟まれ意識不明の重体となった事故は尼崎市内のどこの工場なのか調査しました。

尼崎市西高洲町にはいくつかの工場がありました。

詳細が分かり次第追記します。

-事故